正しい在庫管理とは?在庫管理の基本のキ

    2019.07.08

    WMS 在庫管理 物流改善 生産性
    正しい在庫管理とは?在庫管理の基本のキ

    皆さんの物流現場で正しい在庫管理はできていますか?

    モノを売る企業ではよく耳にする、「在庫」「在庫管理」
    皆様は、この在庫や在庫管理の意味を正しく理解されているでしょうか。

    在庫管理は企業を支える土台となるものであり、
    この土台がしっかりしていないないと、企業の経営は上手くいきません。
    モノを売る企業で、在庫や在庫管理の意味や必要性を理解しておくことは、
    必須といっても過言ではありません。

    今回は、在庫や在庫管理の正しい意味やメリットについてご紹介します。

    ロケーション管理とは?|正しいロケーション管理で正しい在庫管理を実現!?

    在庫とは

    在庫とは、ただ単に製造前の製品を指すわけではありません。在庫=「お金」

    まず、在庫とは何かを理解しておく必要があります。

    在庫には、様々な種類があり、小売業と製造業の2パターンに分かれます。
    小売業では、【商品】
    製造業では、【部品、原材料、仕掛品、完成品】
    といった在庫があります。

    業種によってもこんなに違いがあるんですね。。

    在庫とは、ただ単に製造前の製品を指すわけではありません。
    在庫=「お金」です。
    その在庫を管理している在庫表=預金通帳とも言えるほど、
    利益を計算するうえでとても重要なのです。

    この在庫を管理することを、在庫管理といいます。

    では、どのようにして管理をしていけばよいのでしょうか。

    出荷とは?物流業務において重要な出荷でのミスや作業における重要ポイントなどを紹介

    トーマス機能一覧はコチラ

     

    在庫管理とは

    在庫管理で、売上アップ。コストを削減。

    正しい在庫管理方法を知る前に、在庫管理とは何かということも
    理解しておきたいですよね。

    在庫管理とは、
    【必要な商品・資材・量を必要な時に、必要な分だけ、供給できる】ように、
    在庫水準を維持するための必須活動のことをいいます。

    この在庫管理がおろそかになると、在庫差異が発生してしまうのです。

    それでは、なぜ在庫管理はこんなにも大切なのでしょうか。

    在庫管理には、大きく2つの目的があります。
    1つ目は、売上を上げることです。
    そして2つ目は、物流コスト(経費)を削減する事です。

    これらの目的に対して、必要なことってなんなのか気になりますよね?

    売上を上げるために必要なことは、
    ①顧客の要求に応じて、出荷体制を作ることや、リードタイムの短縮を行う
    ②差異のない在庫管理を行う

    などです。

    物流コスト(経費)を削減するのに必要なことは、
    ①倉庫の設備や作業費用の低減
    ②保管費用や配送費用の削減

    などです。

    このような、目的を実現するためには正しい在庫管理方法を
    知っておく必要があります。

    在庫管理って本当に必要なの?と疑問に思う方もいるのではないのでしょうか。
    在庫管理をすることでメリットは沢山うまれます。

     

    物流の悩みや在庫管理ついてのご相談はこちら

     

    在庫管理をすることのメリット

    在庫管理をすることによるメリットは大きくわけて4つ

    在庫管理をすることによるメリットは大きくわけて4つです。

    ①作業の効率化&生産性アップ
    Excelなどの紙で在庫管理を行っていると、倉庫内で在庫を確認する→データ手入力
    といった手間が発生します。

    wmsは、商品に貼られているバーコードをスキャンして読み込むことで、
    在庫情報がシステムに登録されます。
    リアルタイムで在庫情報を管理できるので、
    今までのタイムラグが解消できます。

    また、在庫管理を徹底すれば生産性もあがります。
    正しい在庫管理を行っていれば、
    無駄な時間も減るので、時間・納期の短縮に繋がります。

    利益改善とモチベーションアップに効果がありました。すごい生産性の記録を出す人も!

    ②余剰在庫が減る
    販売や仕入れの実績から、
    注文などの予測を立てることができるので、 余剰在庫が少なくなります。

     

    ③品質が安定する
    長期間の保管になると、ホコリが被るなど商品の劣化が目立ちます。
    在庫管理をし、商品の出し入れを繰り返すことで
    商品の劣化などをなくすことができます。

     

    ④コストが減る
    在庫管理には、膨大なコストが掛かります。
    在庫管理システムの導入や、維持費などがうまくいくと、
    結果的に生産性向上に伴う、人件費などの削減に繋がります。

    では、正しい在庫管理をしていくために、何から始めるべきなのでしょうか。

    在庫管理に必要なこと

    正しい在庫管理をするには、まずルールを決めてあげる必要があります。 そのルールの中でも最も大切なこと、【ロケーション管理】です

    正しい在庫管理をするには、まずルールを決めてあげる必要があります。
    そのルールの中でも最も大切なこと、【ロケーション管理】です。

    ロケーション管理とは?|正しいロケーション管理で正しい在庫管理を実現!?

    モノの置き場所を決めてあげることで、
    入庫~出荷までの生産性をアップさせることが出来るのです。

    2つ目は、在庫管理・倉庫管理システムを導入してあげることです。
    在庫管理・倉庫管理をする上で、WMSを導入することで格段にレベルはあがります

    ですが、WMS(在庫・倉庫管理システム)には、メリット以外にももちろんデメリットがあります。
    それは、費用です。

    WMSは世の中にいくつも存在しますが、
    選び方を間違えるとせっかく生産性があがっても、
    コストが掛かるばかりで、なんのメリットにもなりません。

    ですが、適したシステムを選べば、システムを使うことで生産性は上がり、
    企業的に見た経費(コスト)はアナログ作業で行っているときよりも、
    減少傾向にはあります。

     

    在庫管理の方法はエクセルとWMSでどう違う?

    >在庫管理の方法はエクセルとWMSでどう違う?
    在庫管理でミスをしてしまうと他の業務全てに影響が出てしまい、仕入れや売上などにも影響します。
    そのため、在庫管理はミスが起きにくい方法で行うべきです。

    近年ではバーコード管理で在庫管理を行う方法も普及していますが、
    まだ在庫管理をエクセルなどでやっているという企業様も多くいらっしゃいます。

    なぜ在庫管理にエクセルがよく使用されているのかというと、それはエクセルが数字での管理が得意なソフトだからです。

    「在庫管理 エクセル」で検索すると在庫管理をするためのエクセルのテンプレートがたくさん出てきます。

    在庫管理をエクセルで行うメリット

    在庫管理をエクセルで行うメリット
    テンプレートが豊富
    カスタマイズが可能
    印刷の手間がいらない
    ということが上げられます。

    しかしその反面
    ①複雑な在庫管理に向かない
    ②リアルタイムでの更新が難しい
    ②入力ミスのリスク
    ④データ紛失のリスク
    ⑤二重登録
    といったデメリットもあります。

    WMSを使用した在庫管理のメリット

    WMSを使用した在庫管理のメリット
    作業のカンタン化・標準化
    入出庫のスピードアップ
    誤出荷の防止
    ミスの削減
    コストの削減
    リアルタイムによる状況把握
    見える化の向上
    といったことがあります。

    デメリットとしては
    ①導入のコスト
    ②WMS使用の際の教育・指導の時間と労力
    があります。

    また、WMSは物流品質や生産性の向上に繋がるシステムなので、エクセルを使用した在庫管理よりも正確性とスピードをアップして進めることが出来ます。

    在庫管理は正しく出来ていなければ意味がありませんので、
    ミスの起きない自社にあった方法出おこなうことが大切です。

    まとめ

    このように、モノを売る企業にとって在庫管理はとても大切なのです。
    この在庫管理をないがしろにしてしまうと、
    企業としての信頼を失うってしまう可能性もあります。
    この機会に、一度自社の在庫管理を見直してみてください!

    まずは無料で資料請求

 

 

コスト削減、物流改善を的確にご提案いたします。

お電話でもお気軽に
お問い合わせください

通話無料tel.0800-555-0500 受付時間:平日9時〜18時
担当:寺西・納(なや)

導入相談
無料資料請求