無料導入相談はこちら

ハンディターミナルとは

    2024.07.02

    バーコード 在庫管理 物流改善
    ハンディターミナルとは

    ハンディターミナルとは、携帯性に優れたデータ収集用端末のことです。
    この端末はバーコードやQRコードを読み取り、リアルタイムでデータをパソコンに送信し、在庫管理や棚卸、発注業務を効率化します。
    導入により作業の効率化やヒューマンエラーの予防が期待できますが、初期導入コストや全在庫へのバーコード貼付作業などの課題も存在します。
    それでも、在庫管理の現場での導入は進んでおり、データのリアルタイム共有や労力削減に大きく寄与しています。

    ハンディターミナルとは

    ハンディターミナルとは

    ハンディターミナルとは、バーコードやQRコードを読み取り、データを収集・管理するための携帯端末のことです。
    物流現場や在庫管理の効率化に役立ち、作業の正確性を向上させるため、広く導入されています。
    形状は操作ボタン付き端末やタッチパネル式のスマートフォン型端末があり、通信方式も無線タイプとメモリタイプに分かれます。
    主な機能として、バーコードの読み取り、データ入力・表示、在庫データの送受信・保存があります。
    これにより、入出庫作業や棚卸作業、ピッキング作業が効率化され、リアルタイムでのデータ管理が可能となり、ヒューマンエラーの削減にも貢献します。
    ただし、導入や運用にコストがかかる点や、バーコードの準備・メンテナンスが必要である点も考慮する必要があります。

    ハンディターミナルの種類とは

    ハンディターミナルの種類とは

    ハンディターミナルの種類とは、形状や通信方式によって分類されるデータ収集端末のことです。
    形状には、操作ボタン付き端末とスマートフォン・タブレット型端末があります。
    操作ボタン付き端末は、バーコードを読み取りつつその場で在庫数や文字の入力ができるオーソドックスタイプで、操作性に優れています。
    一方、スマートフォン・タブレット型端末はタッチパネル式で、汎用性が高く、軍手をつけたままでも操作が可能なモデルもあり、物流現場での利用が増えています。

    通信方式には無線タイプとメモリタイプがあります。
    無線タイプはリアルタイムでパソコンやサーバーにデータを送受信できるため、スピーディな在庫管理が求められる現場に適しています。
    メモリタイプは、データを端末に蓄積し、後で中継機に接続してデータを送受信する方式で、無線LANがない環境でも利用でき、リアルタイム性が求められない現場に向いています。
    これらの多様な種類により、ハンディターミナルは様々な現場で効率的な在庫管理を実現しています。

    ハンディターミナルの機能とは

    ハンディターミナルの機能とは

    ハンディターミナルの機能とは、現代の業務効率化に欠かせないデバイスであり、主に以下の5つの機能があります。

    1. バーコードの読み取り
    ハンディターミナルは、JANコード、QRコード、RFIDタグなどのバーコードからデータを読み取ることができます。
    これにより、商品名、分類、賞味期限、保管場所などの情報を迅速に取得でき、特に在庫管理において効率化が図れます。
    さらに、OCR機能を搭載したモデルもあり、印刷された文字情報を電子化することが可能ですが、印刷の状態により正確に読み取れないこともあるため、注意が必要です。

    2. データの入力
    ハンディターミナルは、読み取ったデータに新たな情報を付加して入力する機能も持っています。
    例えば、入荷検品時にその場で数量を入力することで、手書きメモを後で入力する手間を省くことができ、作業効率を大幅に向上させることが可能です。

    3. データの画面表示
    ハンディターミナルは、読み取ったデータを画面に表示することができます。
    この機能により、その場でデータの確認や修正が行えます。
    例えば、倉庫内での在庫管理作業中に、正確にデータを確認し、必要に応じて修正することで、在庫管理の精度を高めることができます。

    4. 在庫データの送受信
    ハンディターミナルは、読み取ったデータをパソコンやサーバーに送受信する機能を持っています。
    無線タイプのハンディターミナルはリアルタイムでデータを送信し、即座にシステムに反映させることができます。
    一方、メモリタイプはデータを端末に一時保存し、後でまとめて送信する方式です。
    リアルタイムのデータ反映が必要な場合には無線タイプ、コストを抑えたい場合にはメモリタイプを選ぶなど、用途に応じた選定が可能です。

    5. 在庫データの保存
    ハンディターミナルで読み取ったデータは、パソコンやサーバーに転送して保存することができます。
    無線タイプのハンディターミナルでは、自動転送機能を搭載しているものもあり、データを読み取ったタイミングで自動的に転送・保存されます。
    これにより、データ保存の忘れを防止し、データ管理の信頼性を高めることができます。

    これらの機能により、ハンディターミナルは物流、倉庫管理、小売業などの分野で業務の効率化と正確性を支えています。
    在庫管理の精度向上や作業のスピードアップ、ヒューマンエラーの減少に貢献し、企業の競争力強化に役立っています。
    ハンディターミナルの導入により、企業はより正確で迅速な業務運営を実現し、顧客満足度の向上にもつなげることができます。

    ハンディターミナルの在庫管理における使い方とは

    ハンディターミナルの在庫管理における使い方とは、現代の物流・倉庫業務において非常に重要な役割を果たしています。
    具体的には以下の3つの作業現場での活用方法が挙げられます。

    1. 入出庫作業
    ハンディターミナルを使用することで、入出庫作業の効率化が図られます。
    例えば、検品リストに記載された商品のバーコードをスキャンすることで、入庫数と実際の在庫数を瞬時に比較することが可能です。
    この過程でのエラーや在庫数の不一致が即座に確認でき、手作業に比べてミスを劇的に減らすことができます。

    2. 棚卸作業
    ハンディターミナルを用いた棚卸作業では、現場での在庫数の収集と確認が迅速に行えます。
    従来の手作業による棚卸では二人一組での作業が一般的でしたが、ハンディターミナルを導入することで一人で作業が可能となり、作業の効率化が図られます。
    また、バーコードを読み取ることで、記録の正確性も向上し、作業者の負担を軽減することができます。

    3. ピッキング作業
    ピッキング作業では、ハンディターミナルを使用して保管場所を確認し、商品を選別する作業が行われます。
    ハンディターミナルを用いることで、保管場所の特定が容易になり、作業のスピードが向上します。
    作業者はハンディターミナルを使って正確に商品をピックし、出荷準備を効率的に進めることができます。

    これらの方法によって、ハンディターミナルは在庫管理の正確性と効率性を大幅に向上させ、企業の物流業務全般における生産性を高める重要なツールとなっています。
    デジタル化と自動化が進む中で、ハンディターミナルの活用は必須と言えるでしょう。

    ハンディターミナルのメリット

    ハンディターミナルのメリット

    ハンディターミナルのメリットとは、現代の物流や倉庫管理において業務効率を大幅に向上させる点にあります。

    作業の効率化が挙げられます。
    ハンディターミナルの導入により、従来の手作業に比べて在庫管理作業が劇的に効率化されます。
    例えば、入出庫時のバーコードスキャンによって、商品の受け取りや発送準備が迅速化し、作業者の負担も軽減されます。

    データ管理のリアルタイム化も重要なメリットです。無線通信を利用することで、現場でのデータ更新が即座にシステムに反映されます。
    このため、在庫の動向や状況がリアルタイムで把握可能となり、適切な対応や予測が行えます。
    特に在庫の変動が激しい環境では、管理者と作業者の間での情報のズレが少なくなり、管理精度が向上します。

    さらに、ヒューマンエラーの削減・防止も大きな利点です。ハンディターミナルを用いることで、手作業による数え間違いや入力ミスが減少します。
    これにより、在庫データの正確性が保たれ、誤った在庫管理による損失や余剰在庫の発生を防止することができます。

    以上のように、ハンディターミナルは業務の効率化、データ管理の正確性向上、そしてヒューマンエラーの削減によって企業の競争力強化に貢献します。
    これらのメリットを活かして、現代のビジネス環境において積極的に導入されています。

    ハンディターミナルのデメリット

    ハンディターミナルのデメリット

    ハンディターミナルのデメリットとは、その導入に際して考慮すべきいくつかの重要な点があります。

    1. コストの発生
    ハンディターミナルの導入には高額な初期投資が伴います。
    単に端末の購入費用だけでなく、関連するインフラ整備やソフトウェアの導入、トレーニング費用なども加算されることが一般的です。
    特に大規模な倉庫や物流センターでは複数台のハンディターミナルが必要であり、その規模に応じたコストが生じます。
    また、導入後のランニングコストも考慮に入れる必要があります。定期的なメンテナンスや修理費用、そして更新やアップグレードにかかる費用も含めて、費用対効果を慎重に評価することが重要です。

    2. バーコードの用意が必要
    ハンディターミナルを効果的に活用するためには、商品や保管場所にバーコードを貼付ける必要があります。
    これには人手や時間、リソースが必要であり、特に大量の在庫や多品種少量生産の環境では課題となる場合があります。
    バーコードの正確な設置と管理が行われないと、ハンディターミナルの利便性を最大限に引き出すことができません。

    3. 定期的な更新・メンテナンスが必要
    ハンディターミナルのソフトウェアやOSは常に最新の状態を保つ必要があります。
    特にセキュリティの観点から、定期的な更新やパッチ適用が欠かせません。
    しかし、一部のハンディターミナルは固定されたOSを搭載しており、更新が制限されている場合があります。
    このような場合、新しい機能やセキュリティ対策の適用に制約が生じ、システムの長期的な信頼性やセキュリティ確保に影響を及ぼす可能性があります。

    これらのデメリットは、企業がハンディターミナルを導入する際に事前に理解し、適切な対策とバランスを考慮した上で、最適なシステム選定と運用計画を策定することが重要です。

     

    まとめ

    ハンディターミナルとは、現代の物流管理において不可欠な携帯型端末の一つです。
    バーコードやQRコード、RFIDタグなどを読み取り、それに基づいて商品の管理や在庫の追跡を行います。
    倉庫や流通センターでの入出庫管理や棚卸し作業、ピッキング作業において、ハンディターミナルは高い精度と効率性を提供します。
    これにより、作業の正確性を向上させ、同時に作業時間を大幅に短縮することが可能です。
    ハンディターミナルの導入には初期投資や定期的なメンテナンスの負担が伴いますが、その効果は効率化と生産性の向上に直結し、現代の迅速な物流ニーズに応えるための重要なツールとなっています。

    WMSの導入・物流現場での
    お困りごと、
    まずはお気軽に
    お問合せ・ご相談ください!

    物流のプロがお客様のお悩みに
    合わせたプランをご提案します。

    お電話でのお問合せも受け付けております。

    【フリーダイヤル】
    0800-555-0500
    (受付時間:平日9:00~18:00)

    株式会社関通 

 

 


お問い合わせはコチラ