在庫管理をするうえで、なぜ棚卸しは必要なのか

    2019.09.12

    在庫管理 物流改善
    在庫管理をするうえで、なぜ棚卸しは必要なのか

    棚卸しは、在庫(商品)を管理するうえで、必ず行った方がよい作業です。

    物流会社はもちろん、モノを売る会社で「棚卸し」という言葉をよく耳にすると思います。
    よく聞く言葉だけど、棚卸ってどういった作業なのか、どういった手順でやるのか。
    また、なぜ棚卸しをしなければいけないのかを皆様はご存知でしょうか。

    この棚卸し作業が疎かになると、無駄にコストをかけてしまったり
    会社にとって不利益な状態になってしまいます。

    会社にとって不利益な状態を起こさないように、
    今回は棚卸しの重要性や正しい棚卸しのやり方についてご紹介します。

    正しい在庫管理とは?在庫管理の基本のキ

    棚卸しとは

    棚卸しとは

    棚卸しとは、現場にある商品や製品の数量がデータ上と一致しているかを調査する作業です。
    ここで手を抜いてしまうと、在庫差異が発生してしまいます。

    棚卸しは在庫を数えるだけというとても単純作業ですが、必ずミスが起こります。
    現場で在庫(商品)を数えて、それらをパソコンなどで集計するという流れが一般ですが、
    それぞれの場所で何かしらのミスが起きます。

    棚卸しの重要性とよく起きるミスとは?

    棚卸しの重要性_よく起きるミス

    ここで、現場で数えるときに起こりやすいミスの例を挙げてみましょう。

    ①カウント漏れ
    在庫の数え忘れです。
    棚の奥に在庫が隠れていたり、普段置かない場所に在庫を置いたときに起こります。

    ②カウントミス
    数量の数え間違いです。
    数量が多くて分かりずらい、箱や袋などで梱包されているものを取り出さずに、
    表記されている数を転記する、単純作業が続くので集中力が切れたりするときに起こります。

    ③転記ミス
    在庫の品目番号や場所の記載を現場の表示などからうつすときに起こります。

    ④誤品カウント
    似ている品番で起こります。
    例えば、金具など左右がある場合、小さな切欠きがあるものとないもの、
    素材違いなどの紛らわしい品番同士で起こります。

    このように小さなミスが大きなミスに繋がることになります。
    棚卸し時に、カウント漏れがあったり、ミスがあると
    正しい在庫の数を把握する事が出来ないので、
    今どの商品が売れていて、どの商品の在庫が足りていないのか正しい情報
    分からなくなってしまいます。
    棚卸しは、会社の現状を見極めるために大事な作業になるのです。

    棚卸しの手順

    棚卸しのポイント
    正しい棚卸しを行うには、ルールを作り、考えた方を統一し、手順を守ることが重要となります。

    そのためにはまず事前に段取りをしておくことが重要です。
    棚卸し成功のカギは、事前準備にかかっています。
    棚卸しは一人でやるのではなく、複数でやることが一般的なので、そのことを念頭に置いて行いましょう。
    考え方を統一し、手順を必ず守ることが正しい棚卸しを行う上での最大のポイントとなります。

    ●棚卸しの準備●

    入庫ストップ

    ①場所の在庫の入出庫の動きは完全に止める

    棚卸しを行う際に入出庫があるとしっかりした数を数えられない上、商品が入り乱れて混ざってしまう危険がありますよね。
    そこで、棚卸しをする際は在庫の入出庫を止めて集中して行えるように場所を整える必要があります。

     

    整理整頓

    ②整理整頓

    棚卸しを行う場所が汚れていたり、ものが散乱しているとやりにくいだけではなく、商品が紛れてなくなってしまう危険がありますよね。
    整理整頓を行ってから棚卸しすることで、商品の紛失などを防ぎます。

    道具を統一

    ③道具を統一

    使う道具を揃えることも大切です。
    例えば報告書が1人1人違うと、見る人は見にくく時間がかかってしまいますよね。
    また、見間違いを起こしてしまう恐れもあります。
    そのほかにも、道具を揃えることによって、違う動きをしてる人がいれば気付きやすいという利点もあります。
    そうすると、やり方がわからなくて止まっている人、間違ったやり方をしている人がすぐにわかり、周りの人がすぐに声を掛けることができます。

    手順

    ④手順を決める

    棚卸しは1人で行うのではなく、複数人で行うことが一般的です。
    なので、作業に取り掛かる順番をあらかじめ決めておかないと、同じ棚を違う人がもう1度したり、どの商品が棚卸しが終わっているのかわからなくなってしまいます。
    なので、棚卸しを行う前に、誰がどこをどの順番で担当するのか決めておきましょう。

    ●在庫数を数える●

    数え方

    ⑤在庫の数え方を統一します

    商品によって箱詰めされていたり、1つ1つバラで管理されていたりしますよね。
    Aさんは6個1パックの商品を6と数えて、Bさんは6個1パックの商品を1と数える。
    上記のように商品によって数の数え方を1人1人が理解していないと正確な数がわからなくなってしまいます。
    そうすると、数を数えている意味がなくなってしまいます。
    なので、まず初めに全員の認識を揃えるという作業が重要になってきます。

    WMSで在庫差異を減らす

    ⑥取り出して数える

    数えるときに重要なポイントは「取り出す」ということです。
    取り出さずに数えていると、どこまで数えたかわからなくなり、同じ商品をもう1度数えてしまったり、数え忘れてしまったりと、数え間違えてしまう可能性がか高まります。
    なので、必ず数えたものと数えていないものが明確にわかるように数えることが大切です。

    チェック

    ⑦品質チェック

    商品の数を数える際に、必ず商品の品質チェックも行いましょう。
    もし、数えた商品でも品質に問題があれば出荷できませんよね。
    品質の悪い商品は出荷できないので、1と数えるわけにはいきません。
    なので、品質チェックを行い、正規の出荷ができる商品だけを数える必要があります。

    棚卸しのメリット

    棚卸しのメリット=コスト削減

    棚卸しの最大のメリットは、へのコスト面の負担が減るところです。
    在庫が増えると共に、売上原価が低くなります。
    つまり、在庫が増えるほど売上原価が減って、売上総利益が上がり、
    税金も増え負担が増すばかりなんです。

    正しい棚卸しを行い、余分な在庫を減らすことができると、
    税金部分の負担を減らすことができるのです。

    まとめ

    棚卸しをする上で大切なことは、
    ・やりかたを統一する
    ・道具をそろえる
    ・取り出して数える
    ・見えるようにする

    今、在庫の管理にお悩みの方は、ぜひ役立ててみて下さい!

    まずは、無料で資料請求

 

 

コスト削減、物流改善を的確にご提案いたします。

お電話でもお気軽に
お問い合わせください

通話無料tel.0800-555-0500 受付時間:平日9時〜18時
担当:寺西・納(なや)

導入相談
無料資料請求