物流改善コラム

在庫管理や出荷精度にお悩みの皆様必見!上手くいくロジスティクス現場の作り方とは?
物流のプロがそのノウハウを伝授します。

    在庫管理をするうえで、なぜ棚卸しは必要なのか

    2019.09.12

    在庫管理 物流改善
    在庫管理をするうえで、なぜ棚卸しは必要なのか

    棚卸しは、在庫(商品)を管理するうえで、必ず行った方がよい作業です。

    物流会社はもちろん、モノを売る会社で「棚卸し」という言葉をよく耳にすると思います。
    よく聞く言葉だけど、棚卸ってどういった作業なのか、どういった手順でやるのか。
    また、なぜ棚卸しをしなければいけないのかを皆様はご存知でしょうか。

    この棚卸し作業が疎かになると、無駄にコストをかけてしまったり
    会社にとって不利益な状態になってしまいます。

    会社にとって不利益な状態を起こさないように、
    今回は棚卸しの重要性や正しい棚卸しのやり方についてご紹介します。

    棚卸しとは

    棚卸しとは

    棚卸しとは、現場にある商品や製品の数量がデータ上と一致しているかを調査する作業です。
    ここで手を抜いてしまうと、在庫差異が発生してしまいます。

    棚卸しは在庫を数えるだけというとても単純作業ですが、必ずミスが起こります。
    現場で在庫(商品)を数えて、それらをパソコンなどで集計するという流れが一般ですが、
    それぞれの場所で何かしらのミスが起きます。

    棚卸しの重要性とよく起きるミスとは?

    棚卸しの重要性_よく起きるミス

    ここで、現場で数えるときに起こりやすいミスの例を挙げてみましょう。

    ①カウント漏れ
    在庫の数え忘れです。
    棚の奥に在庫が隠れていたり、普段置かない場所に在庫を置いたときに起こります。

    ②カウントミス
    数量の数え間違いです。
    数量が多くて分かりずらい、箱や袋などで梱包されているものを取り出さずに、
    表記されている数を転記する、単純作業が続くので集中力が切れたりするときに起こります。

    ③転記ミス
    在庫の品目番号や場所の記載を現場の表示などからうつすときに起こります。

    ④誤品カウント
    似ている品番で起こります。
    例えば、金具など左右がある場合、小さな切欠きがあるものとないもの、
    素材違いなどの紛らわしい品番同士で起こります。

    このように小さなミスが大きなミスに繋がることになります。
    棚卸し時に、カウント漏れがあったり、ミスがあると
    正しい在庫の数を把握する事が出来ないので、
    今どの商品が売れていて、どの商品の在庫が足りていないのか正しい情報が
    分からなくなってしまいます。
    棚卸しは、会社の現状を見極めるために大事な作業になるのです。

    棚卸しのポイント

    棚卸しのポイント

    正しい棚卸しを行うには、ルールを作り、考えた方を統一し、手順を守ることがポイントとなります。

    まず、在庫(商品)の数え方を統一します。
    棚卸しは、文字通り棚からおろすことを指します。
    棚の上にあるものを遠くから数えるだけでは、数え間違いや見落としの原因になります。
    だからこそ、数え方を統一する必要があるのです。

    次に、報告用書式の統一を行います。
    正しい数字情報を報告にするためには、使う道具の使い方も統一しておく必要があります。

    そして、もう一つ必要なのが、事前段取りをしておくことです。
    棚卸し成功のカギは、事前準備にかかっています。
    また、棚卸しをする場所の在庫の入出庫の動きは完全に止めておきます。
    棚卸しまでの間にかならず、正しい整頓をしておきましょう。
    そして、必要な道具も人員分だけ揃えておきます。

    棚卸しは一人でやるのではなく、複数でやることが普通です。
    考え方を統一し、手順を必ず守ることが正しい棚卸しを行う上での最大のポイントとなります。

    棚卸しのメリット

    棚卸しのメリット=コスト削減

    棚卸しの最大のメリットは、へのコスト面の負担が減るところです。
    在庫が増えると共に、売上原価が低くなります。
    つまり、在庫が増えるほど売上原価が減って、売上総利益が上がり、
    税金も増え負担が増すばかりなんです。

    正しい棚卸しを行い、余分な在庫を減らすことができると、
    税金部分の負担を減らすことができるのです。

    まとめ

    棚卸しをする上で大切なことは、
    ・やりかたを統一する
    ・道具をそろえる
    ・取り出して数える
    ・見えるようにする

    今、在庫の管理にお悩みの方は、ぜひ役立ててみて下さい!

    まずは、無料で資料請求

 

 

コスト削減、物流改善を的確にご提案いたします。

お電話でもお気軽に
お問い合わせください

通話無料tel.0800-555-0500 受付時間:平日9時〜18時
担当:寺西・納(なや)

問い合わせは
コチラ
資料請求