クラウドトーマスとは?

クラウドトーマスには、
30年培った物流ノウハウが詰まっています。

年間700万個の商品を出荷している物流会社が開発した倉庫管理システム(WMS)です。物流会社が作ったシステムだからこそ、実際に現場で稼働しているところも見ることができます。在庫管理はもちろん、作業効率化やコスト削減を実現。クラウドトーマスは、システムを「入れる」だけでなく、「使う」を基軸にして考えられたシステムです。

クラウドトーマスが選ばれる3つの理由

  • どこにいても確認できる
  • クラウド型のシステムだから、荷主側も倉庫側もいつでも同じ在庫や入出庫状況が見ることができます。 また、複数の物流倉庫があっても、PC、スマホ、タブレットがあれば、どの拠点からも同じデータを確認することが可能です。

  • 使いやすい・わかりやすい
  • アプリ版のシステムだからスマートフォンがあれば、作業が開始できる!Wi-Fi工事も不要!スマホカバーを使用すれば、スマホ端末とリングスキャナを付けたまま作業ができるので、両手を塞がず、作業効率化にもつながります。また、音と多彩な通知でわかりやすく、ベテラン・新人関係なく簡単に作業が出来ます。

  • 導入支援サービスがある
  • 自社だけのWMS導入に不安がある。どのように現場設計やWMSを導入したらいいのか分からない。という企業様のために実際に現場で作業経験のある物流のプロが直接現地げ行って導入のサポートをさせて頂きます。物流会社が作ったシステムだからこそできるサービスです。

    WMS導入を検討されている方

    お問合せフォーム

    >入力画面へ

    まずはトーマスについて知りたい方

    無料資料請求

    >入力画面へ

    トーマスは様々なシステムに対応

    トーマスができること

    • ①物流現場

      正しく精度の高い作業とトレーサビリティの確立、リアルタイムに更新される実績データを基にした生産性などの現状把握を可能にします。それによる作業工程の標準化、サービスレベル・平均生産性レベルの向上を実現させます。

    • 物流現場
    • 企業のロジスティクス戦略
    • ②企業のロジスティクス戦略

      リアルな在庫状況を基にした未来の販売戦略の立案や在庫の見える化、入出荷のトレース情報をもとにしたABC分析など、情報のデータ化による分析結果の精度の向上を実現します。

    • 企業のロジスティクス戦略
    • ③物流ロボット,システムとの連携

      物流ロボット・システムとの連携実績を多数持っています。 例)・ゲートアソートシステム・レジ式検品システム・自動倉庫・自動ラック など

    • 物流ロボットシステムとの連携
    • 上位システム
    • ④上位システム (基幹システム、受注管理システムなど)

      ネクストエンジンとのAPI連携を初め、様々な基幹システムや受注管理システムと繋がります。スムーズな連携により、正しい在庫状況の確認。それにより売り逃しのない販売戦略の立案を実現します。

    • 上位システム

    WMS導入を検討されている方

    お問合せフォーム

    >入力画面へ

    まずはトーマスについて知りたい方

    無料資料請求

    >入力画面へ

    物流改善メルマガ配信中

    ノウハウ 役立つ物流
    ノウハウ配信中!
    導入事例 導入企業様の
    事例を配信中!