まずは資料ダウンロード

不良在庫とは?|不良在庫のデメリットや解消方法

    2022.08.10

    在庫管理 物流改善 物流用語
    不良在庫とは?|不良在庫のデメリットや解消方法

    不良在庫とは、将来的に販売できる目途が立たず経済的損失になり得る在庫のことを指します。
    不良在庫には、過剰生産や仕入れが原因で売れ残った商品、流行を過ぎた商品、初期不良がみられる商品が該当します。
    不良在庫が増えてしまうと、倉庫の保管スペースを占有し管理コストに負担がかかります。
    そのため、不良在庫がないか定期的に倉庫を確認することが大切です。
    今回は不良在庫を減らす方法とそのメリットを紹介していきます。

    不良在庫とは

    不良在庫とは

    不良在庫とは将来的に売れる見込みがなく、
    自社の経済的損失になる可能性がある在庫のことです
    賞味期限切れの商品、流行遅れや型落ちしたもの、
    また過剰生産されて売れ残った商品などが不良在庫に含まれます。

    不良在庫を減らすメリット

    不良在庫を減らすメリット

    不良在庫を減らすメリットを3つ紹介します。

    管理コストを削減できる

    不良在庫をそのままにすることは余計な管理コスト、人件費、光熱費を発生させます。
    そのため不良在庫を処分すると、正常な商品を保管するためのスペースが生まれ、
    人件費や光熱費を削減できます。

    節税できる

    倉庫内で保管されている在庫は棚卸資産として計上され、
    不良在庫のままでは税金が発生してしまいます。
    在庫の廃棄は「廃棄損」として計上されるため、
    不良在庫を早めに廃棄することで、資産を減らすと同時に売上原価を増やすことが出来ます。
    また、決算セールとして不良在庫を値引き販売すれば、棚卸資産を減らし節税につながります。

    金融機関からの融資が受けやすくなる

    不良在庫が原因で在庫回転率が低いと金融機関による融資審査の際に、
    問題視されてしまう恐れがあります。
    不良在庫を早めに処分することは金融機関の融資審査に通りやすくするためのポイントです。

    不良在庫が増えることによるデメリット

    不良在庫が増えることによるデメリット

    不良在庫が増えることで、倉庫の管理コストがかかると同時に、
    他の商品にも悪影響を及ぼすことがあります。
    在庫の中に劣化して色落ちしたものや腐敗した不良在庫が混ざっていると、
    隣の商品にも腐敗が広がる、色移りしてしまうなど、更なる不良在庫を生み出す原因となってしまいます。
    また不良在庫をそのままにしてしまうと、保管スペースが必要になり、
    それらを管理する人件費や光熱費が余計にかかります
    そのため経営にも悪影響を及ぼしてしまいます。

    不良在庫を減らす方法

    不良在庫を減らす方法

    不良在庫を減らす方法を3つ紹介します。

    適正在庫を保つ

    適正在庫を保つためには、倉庫内の在庫を適正な数に維持することが必要です。
    過剰在庫があると、倉庫内の在庫を正しく把握できず、
    余分に商品を発注し、製造する原因になります。
    適正在庫を保ち続けることは欠品を防ぎ、損失を防止する効果を生みます。

    在庫回転率を計算し高める

    「倉庫内に保管している在庫が一定期間にどのくらい入出庫されるかを表した数値」を在庫回転率といいます。
    在庫回転率が高い商品=不良在庫になりにくい商品といえるので、
    在庫回転率を計算することは商品を発注する際の無駄が減ることにもつながります。

    在庫管理システムの導入

    在庫管理システムを導入することで、入出荷時の検品や棚卸時の在庫確認を正確かつ素早く自動で行えます。
    そのため、在庫のずれが発生したり、発注ミスをしてしまうリスクが少なくなります。

    まとめ

    今回は不良在庫について紹介しました。
    不良在庫をそのままにしておくと、管理コストがかかり、
    他の商品にも悪影響を及ぼします
    倉庫内の在庫を適正に管理し、
    在庫回転率を計算し高めることで
    正確な入出庫検品や、棚卸を行っていきましょう

    WMSの導入・物流現場での
    お困りごと、
    まずはお気軽に
    お問合せ・ご相談ください!

    物流のプロがお客様のお悩みに
    合わせたプランをご提案します。

    お電話でのお問合せも受け付けております。

    【フリーダイヤル】
    0800-555-0500
    (受付時間:平日9:00~18:00)

    株式会社関通 

 

 


お問い合わせはコチラ