まずは資料ダウンロード

カートシステムとは?Iカートシステムの重要性や選び方

    2021.12.03

    物流用語
    カートシステムとは?Iカートシステムの重要性や選び方

    カートシステムとは、インターネット上で商品を販売するための処理をする仕組みのことを言います。

    このカートシステムの機能によって、商品を買い物かごに入れ、レジ画面で決済を完了するという一連の流れが可能になっています。

    カートシステムは、ショッピングカートやECカートとも呼ばれ、近年では多種多様な形のサービスが登場しています。自社の販売方針に合ったカートシステムを運用することによって、業務の効率化、売り上げの向上にもつながっていきます。

    今回こちらの記事では、このカートシステムの重要性、機能種類。また選び方のポイントについてご紹介していきます。

     

    カートシステムの重要性

    カートシステムの重要性

    ECサイトを立ち上げるにあたって、どのような機能のカートシステムを選ぶか。というのは非常に重要になってきます。

    それは、ほとんどのカートシステムが「買い物カゴ」と「レジ」という最低限の機能のほかにも運営に役立つ機能を備えているからです。

    例えば「アパレルEC向け」などのように、あるものに特化したカートシステムを選ぶことで、細かいニーズにも対応が可能になり、業務の効率化を図ることができます。

    また、自社のECサイトで採用する決済手段が利用可能かという点も大きなポイントになってきます。

    このように、カートシステムはECサイトの運営にあたって重要な役割を持っています。

    そのため、自社ECサイトに必要な機能や内容を理解したうえで選んでいく必要があります。

     

    カートシステムの機能

    カートシステムの機能

    カートシステムの機能は、主にバックオフィス機能とフロント機能の二種類が搭載されています。

    ・バックオフィス機能

    商品の受注管理、商品管理、顧客管理から決済サービス配送サービスなど、運営や管理をしていく上で必要な機能全般のことをいいます。

    ・フロント機能

    集客、販促、分析など売り上げを伸ばすための機能全般のことを言います。

    カートシステムの種類によって、その機能に差異があるため、必要な機能があるかどうかのチェックが必要になってきます。

     

    カートシステムの種類

    カートシステムの種類

    カートシステムの種類には主にASP方式とオンプレミス方式の2つに大別されます。

    1.ASP方式

    提供先の企業と契約し、決められた環境上で利用可能なシステムのことをいいます。

    ASP方式は、導入から運用までをスピーディーに行うことができ、初期費用などのコストを比較的押さえやすいというメリットがあります。

    近年ではこの形のサービスが多数登場しています。

    しかし、既存の提供されたシステムを利用するので、個別のカスタマイズが難しく、自由度は低めになります。

     

    2.オンプレミス方式

    自社で所有し、管理をしている設備内に、カートシステムを設置するシステムのことをいいます。

    オンプレミス型は導入後にシステムのメンテナンスが必要になってくることや、導入時のコストがやや高くなってしまうことについては考慮が必要になりますが、自社の環境上の運用なので、比較的自由度が高くカスタマイズが可能になるというメリットがあります。

     

    カートシステムの選び方のポイント

    カートシステムの選び方のポイント

    様々な種類のあるカートシステムですが、選ぶにあたってのポイントが主に3つあります。

    ・必要な機能の確認
    ・拡張機能、カスタマイズ性の確認
    ・サポート体制の充実

    上記の3つについて、詳しく説明していきます。

     

    ・必要な機能の確認

    作りたいECサイトによって、必要な機能やシステムがあるか確認しておきましょう。

    たとえば、数多くの商品を取り扱っている場合などには、商品登録や在庫管理といった受注機能をスムーズに行うことが重要になってきます、

    また、販売商品数をしぼって、定期購入向けの機能がほしいなど、求めるECサイトによって必要な機能があるか、しっかりと確認することが大切です。

     

    ・拡張機能、カスタマイズ性の確認

    費用面や、機能についても大事な要素ですが、販売方針に合わせて自由なカスタマイズが可能か、ニーズの変化に合わせて柔軟な対応が可能かということも重要になってきます。確認を怠ってしまうことで、費用を抑えようとASP方式を選んだけれど、思うようなカスタマイズができずに、カートシステムを乗換えることになった。というようなことにもなりかねません

    しっかりと検討し、理解したうえで拡張機能やカスタマイズ性を確認することが大切です。

     

    ・サポート体制の充実

    ECサイトの運営にあたって、トラブルや悩みといったものは必ず出てきます。

    そのため、サポート体制が充実しており、相談が可能であればよりスムーズなECサイトの運営が可能になります。

    たとえば、メールだけではなく電話での対応も可能であることや、外部企業ではなく提供している企業の社員が対応してくれるなどがあげられます。

    このように、いくら機能面が充実していても頼りになるサポート体制があるかどうかはカートシステムを選ぶ重要なポイントになってきます。

     

    まとめ

    カートシステムは、ECサイトの運営において非常に重要で欠かせない要素です。

    定期購入向け、アパレルEC向けなど、分野によって特化し、その機能を充実させたものもあります。

    自社のEC戦略、考えている販売方法に合った機能であるかということの確認が販売促進や売上の向上にとって大事になってきます。

    WMSの導入・物流現場での
    お困りごと、
    まずはお気軽に
    お問合せ・ご相談ください!

    物流のプロがお客様のお悩みに
    合わせたプランをご提案します。

    お電話でのお問合せも受け付けております。

    【フリーダイヤル】
    0800-555-0500
    (受付時間:平日9:00~18:00)

    株式会社関通 

 

 


お問い合わせはコチラ