まずは資料ダウンロード

トータルピッキングとは?|トータルピッキングのメリットやデメリット

    2021.11.10

    物流用語
    トータルピッキングとは?|トータルピッキングのメリットやデメリット

    トータルピッキングとは、複数ある出荷オーダーの商品をまとめて取り出してから仕分け場や仮置き場で出荷オーダー別に仕分けする作業方法のことをいいます。

    トータルピッキングは、別名で「種まき方式」、「総量ピッキング」、「バッチピッキング」とも呼ばれます。

    トータルピッキングを行うことで、仕分け作業といった工程が増えますが、
    倉庫内における作業時間や移動時間を効率化できるメリットがあります。

    こちらの記事では、トータルピッキングのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

     

    トータルピッキングとは

    トータルピッキングとは?

    トータルピッキングは物流センター内での作業員の移動時間・距離を効率化出来ることが最大のメリットなので、
    出荷件数が多くSKU数が少ない、作業動線が重なりやすい場合の作業方法に適しています。

    物流センター内の作業員の移動時間・距離を効率化できる一方で、仕分け作業の工程が追加で発生してしまうので仕分け用のスペースが必要になってしまいます。

     

    トータルピッキングのメリット

    トータルピッキングのメリット

    トータルピッキングには下記のようなメリットがあります。

    ・作業員の移動時間、移動距離を短縮
    複数あるオーダーの全てをまとめて取りに行くため作業員の移動時間、移動距離を短縮することができます。
    これによってピッキングを行う場所で起こりやすい渋滞が発生しにくくなります。

     

    ・数量検品が簡易的
    複数ある出荷オーダーの全てをピッキングしてから仕分けするため、仕分け作業が完了した時に残量が0になっていれば数量的には正確だったとの判断が可能です。
    しかし、仕分け先の正確性は担保されないので、最後にはオーダー別の検品が必要となります。

     

    トータルピッキングのデメリット

    トータルピッキングのデメリット

    対してトータルピッキングには下記のようなデメリットがあります。

    ・作業工程が増えてしまう
    トータルピッキングとオーダー別の仕分けの2つに工程が分かれてしまいます。
    また、ピッキングと仕分けの際に検品作業を行うとさらに工程が追加されてしまいます。
    工程が追加されることによってその分スペースの確保が必要になります。

     

    ・オーダーが溜まるまでは作業を開始できない
    複数のオーダーが揃ってから作業を開始しないと作業効率が上がらず、トータルピッキングの利点を活かすことができません。

     

    まとめ

    トータルピッキングは複数ある出荷オーダーの商品をまとめて取りだしてから仕分け作業を行うことで作業員の移動時間と距離を効率ができます。
    その分作業工程が増えてしまい仕分けをするスペースの確保が必要になりますので、
    自社の物流現場に合った、ピッキング方法を行いましょう!

    WMSの導入・物流現場での
    お困りごと、
    まずはお気軽に
    お問合せ・ご相談ください!

    物流のプロがお客様のお悩みに
    合わせたプランをご提案します。

    お電話でのお問合せも受け付けております。

    【フリーダイヤル】
    0800-555-0500
    (受付時間:平日9:00~18:00)

    株式会社関通 

 

 


お問い合わせはコチラ