まずは資料ダウンロード

シングルピッキングとは?|シングルピッキングのメリットやデメリットについて

    2021.07.29

    生産性
    シングルピッキングとは?|シングルピッキングのメリットやデメリットについて

    シングルピッキングとは、出荷ごとに注文を受けた商品を保管している場所へ行き商品を取り出す、ピッキングの中でも、基本的な作業のことを言います。

    またシングルピッキングは、別名が2つあり「オーダーピッキング」「摘み取り方式」とも呼ばれています。
    注文の数だけ倉庫の中を往復するため、注文件数が少なくストックキーピングユニット(SKU数)の数が多くある作業に適しています

    今回は、シングルピッキングとは何かと言うことと、メリット・デメリットについて皆さんに紹介したいと思います。

    シングルピッキングとは

    シングルピッキングとは

    シングルピッキングとは、出荷ごとに注文を受けた商品を保管している場所へ行き商品を取り出す方法のことを言います。
    シングルピッキングは、ピッキングの中でも基本的な作業になっています。

    またシングルピッキングは、別名が2つあり「オーダーピッキング」「摘み取り方式」とも呼ばれています。
    シングルピッキングは、注文の数だけ倉庫の中を往復するため、注文数が少なくストックキーピングユニット(SKU数)の数が多い作業に適しています

    出荷する商品の数が多く、ストックキーピングユニットの数が少ない作業は、トータルピッキングの方が効率良く作業が進むと考えられています。
    ですが、作業をする人数や環境、商品で作業方法の適性判断に注意をする必要があります。

    また効率良く作業を行うためには「シングルピッキング」「トータルピッキング」などのピッキング作業を考え、どの方法が作業に適しているかを選択することが重要となります。

    シングルピッキングは、主に「通販」「EC」などBtoCの物流倉庫で多く使われています

    ストックキーピングユニット(SKU数)とは、在庫の管理を行う上で最小の品目数を数える単位のことを言います。
    ストックキーピングユニットは在庫を管理する分野では多く使われています。

    シングルピッキングのメリット

    シングルピッキングのメリット

    シングルピッキングのメリットは、3つあります。

    1つ目は、作業の内容がシンプルで注文ごとに商品を取り出すだけになっているため、作業をするスタッフのトレーニングなどの時間がかからないことです。

    2つ目は、作業がシンプルなため、ミスの発生を減らすことができることです。

    3つ目は、ピッキングをした商品の仕分け作業が無いため、直ぐに梱包することができることです。

     

    シングルピッキングのデメリット

    シングルピッキングのデメリットは2つあります。

    1つ目は、スタッフの移動する距離が長く、注文の数だけ倉庫内の保管場所まで商品を取りに行くので注文数に応じて往復する必要があることです。

    2つ目は、注文数が複数あり、同じ商品がある場合、同じ場所に行き同じ商品をピッキングする回数が増え、無駄な移動や作業が発生してしまうことです。

    まとめ

    シングルピッキングとは、商品の出荷ごとに保管されている場所へ行き、商品を取り出す方法のことを言い、注文の数だけ倉庫の中を往復し、注文数が少なくストックキーピングユニットの数が多い作業に適しています。

    ストックキーピングユニットの数が少なくなると倉庫内の往復移動が増え、無駄な移動や作業が増えてしまいます。
    スタッフに作業を教える時間も少なく、ミスの発生を抑えられるため、ストックキーピングユニットの数が多い注文では効率良く作業をすることができると思います。

    また、ストックキーピングユニットが少ない場合は、マルチオーダーピッキングを活用することにより作業を改善することができます。

    WMSの導入・物流現場での
    お困りごと、
    まずはお気軽に
    お問合せ・ご相談ください!

    物流のプロがお客様のお悩みに
    合わせたプランをご提案します。

    お電話でのお問合せも受け付けております。

    【フリーダイヤル】
    0800-555-0500
    (受付時間:平日9:00~18:00)

    株式会社関通 
    大阪府東大阪市長田1-8-13(代表)

 

 


お問い合わせはコチラ