まずは資料ダウンロード

賞味期限管理とは?|賞味期限管理をシステムで行うメリット

    2019.11.28

    WMS 在庫管理 物流改善
    賞味期限管理とは?|賞味期限管理をシステムで行うメリット

    賞味期限管理は、食品や飲料、またサプリメントなどを販売する業界で
    必要とされるのではないでしょうか。

    また、この賞味期限管理をアナログで管理するのは手間もかかるし、
    ミスも発生しやすくなります。

    近年では、賞味期限管理ができるWMSも増えてきました。

    賞味期限管理を正しく把握する事で、
    受注がきたタイミングでどの在庫をどの顧客に割り当てるかを正確に行えるようになります。

    また、この割り当てが正しく行えるようになると、
    業務品質や生産性の向上お客様満足度向上に繋げることができます。

    今回は、賞味期限管理についてご紹介していきます。

    賞味期限管理とは?

    賞味期限管理とは

    賞味期限とは、定められた方法で商品を保存した場合、品質保持が十分に可能だと認められる期限のことを指します。
    この期限を管理することを、賞味期限管理といいます。

    近年では、消費者による食品安全性を求められることが多くなってきました。

    正しい賞味期限管理をすることで、安全面性が保たれつつ、商品在庫の入出庫といったコントロールもしやすくなるので、
    在庫の適正化や廃棄の最小化に繋がります。

     

    賞味期限管理の課題とは

    賞味期限管理の課題とは

    食品の賞味期限を含んだ、在庫管理には様々な課題があげられます。

    ①賞味期限チェックに多くの時間と労力が必要になる

    食品など賞味期限管理が必要な商品を取り扱う物流現場の多くは、
    商品が陳列された棚ごとに1点づつチェックしている企業様もあるのではないでしょうか?
    そのため、商品の数現場の広さによってチェックの時間と人の手が取られるといった課題が
    発生します。

     

    ②賞味期限のチェック漏れによる商品販売のリスク

    アナログによるチェックとなると、
    確認漏れや読み間違いといった人的ミスが起こる可能性があります。
    また、賞味期限が切れた商品を販売してしまうと、ご購入者様への謝罪や信用を失うといった
    リスクが発生してしまいます。

     

    ③過剰在庫や、廃棄ロスが発生する

    商品販売時の品切れを防ぐために、常に多くの在庫を抱えるため過剰在庫が発生し、
    廃棄ロスにもつながります。

     

    弊社では、賞味期限管理などが必要な食品業界に特化したWMS
    「クラウドトーマスPro For foods」のご提供が可能です!

    食品業界向けWMS|クラウドトーマスPro for フード

    「賞味期限管理」と「消費減管理」の違いとは

    賞味期限管理と消費期限管理の違いとは

    賞味期限管理は、食品のおいしさなどの品質をが保たれている期限のことを指します。
    対して、消費期限管理は、食品が安全に食べられる期限の事をさします。

    一般的には、急速に品質が劣化する商品に対して消費期限が表示され、
    比較的には傷みにくい商品に対して賞味期限が表示されています。

    しかし、賞味期限・消費期限ともに、容器や袋にはいったものを開封せず、
    記載されたとおりに保存された場合の安全性をあらわしたものになりますので、
    どちらも正しく在庫管理を行う必要があります。

     

    賞味期限管理をシステムで行うメリット

    賞味減管理をシステムで行うメリット

    近年では、賞味期限が必要な在庫をシステムを使って管理する企業も増加しております。
    ここでは、賞味期限管理をシステムで行うメリットについてご紹介していきます。

    ①賞味期限の管理が効果的に行えるようになる
    賞味期限管理は、Excelなどで行うことも可能ではありますが、限界があります。
    システムを使わずアナログな管理をしてしまうと、情報量が膨大になり、管理が難しくなります。
    倉庫管理システムを使って、賞味期限管理を行うことですべての在庫に賞味期限を付与することができるので、
    賞味期限管理が効果的に行えるようになります。

     

    ②在庫の最適化を実現
    倉庫管理システムを利用する事で、入荷ー出荷までの計画も立てやすくなり、
    庫内物流の一連の流れを最適化することができます。
    最適化することによって、不良在庫率発生の低下や、資源の無駄使いを低下させることができるといった
    メリットが生まれるのです。
    また、先入れ先出しでの出荷計画も立てやすくなります。

    「品質」「コスト」「生産性」の物流課題を解決!WMSの役割とは?

     

    クラウドトーマスは賞味期限管理が可能です

    クラウドトーマスは賞味期限管理が可能です

    弊社(株式会社関通)が提供するクラウドトーマスでも、賞味期限管理は可能です。

    基本的に、弊社倉庫に商品が入荷するタイミングでご支給頂く
    入荷予定データで、ロット・賞味期限情報を頂きその情報を基に管理を行います。

    取り扱う商品や発送先によって、先入れ先出しのルールが違うなど
    煩雑なご対応がある場合は、別途詳細なヒアリングをさせていただきます。

    どのレベルまで求められるかにより、運用方法が変わってまいりますので、
    詳細が気になる方はまずはお気軽にお問合せ下さい!

    食品業界向けWMS|クラウドトーマスPro for フード

    まとめ


    ・賞味期限管理は、品質保持が十分に可能だと認められる期限を正しく管理する事。
    ・安全面性が保たれつつ、商品在庫の入出庫といったコントロールもしやすくなる。
    ・在庫の適正化や廃棄の最小化に繋がる。

    この機会に、在庫管理・賞味期限管理方法を見直してみるのも良いかもしれません。

     

    WMSの導入・物流現場での
    お困りごと、
    まずはお気軽に
    お問合せ・ご相談ください!

    物流のプロがお客様のお悩みに
    合わせたプランをご提案します。

    お電話でのお問合せも受け付けております。

    【フリーダイヤル】
    0800-555-0500
    (受付時間:平日9:00~18:00)

    株式会社関通 

 

 


お問い合わせはコチラ