「品質」「コスト」「生産性」の物流課題を解決!WMSの役割とは?

    2019.06.17

    WMS 在庫管理 物流改善 生産性
    「品質」「コスト」「生産性」の物流課題を解決!WMSの役割とは?

    「品質」「コスト」「生産性」物流の3大課題と言われていますが、
    このような課題はどのようにして解決していけばよいのでしょうか?

    人の数が足りていないのに、
    無駄な仕事・作業が多くてなかなか仕事が終わらない企業様も多いはず…
    生産性を上げたいけど実際どうすればいいのか分からないのも、
    物流現場に多くあるお悩みです。

    そこで活躍してくれるのが、WMS(倉庫管理システム)です!
    WMSは正確性スピードアップを実現でき、物流現場の3大課題である
    「品質」「コスト」「生産性」 問題を解消することが可能です。

    「そういったシステムって難しいんじゃないの?」
    「WMSと言われてもピンとこない」と少し心配…

    今回は、WMS(倉庫管理システム)の役割や機能についてご紹介します。

    WMSが選ばれる理由って?システム化で物流現場を改善!

    WMS(倉庫管理システム)とは?

    WMSとは、Warehouse Management Systemの略で、倉庫管理システムのことを指します。

    倉庫業でよくある、入庫・出庫・在庫管理の機能を搭載したシステムです。
    WMSを導入する事で、入出荷や保管といあった倉庫における
    「庫内物流」の生産性と品質アップを実現する仕組みです。

    生産性・品質をアップさせることで、会社の売上や利益アップも見込めます。

    WMSは特定の企業に偏らず、
    製造業、小売り・卸業、EC通販等と幅広い企業・サービス業で導入されています。

     WMSの役割とは?

    WMSの役割

    庫内物流におけるWMSの役割についてご紹介します。

    ①現場作業の効率化実現
    会社の規模が大きくなると、出荷量が増え、在庫数量も増えてきます。
    そうなると、従来の在庫管理方法では作業品質が低下してしまうことも…

    在庫の保管スペースが広くなれば、保管場所も増えて商品を探す手間や時間もかかり、
    広範囲の保管場所を記憶だけで管理するのには限界があります。

    そこでWMSを活用します。
    WMSは在庫を管理(商品の場所を設定できる)することができるので、
    記憶だけで在庫を管理することがなくなります。

    ピッキングの際は、専用のハンディーターミナル(商品をスキャンする機会)に
    商品の場所が表示されるので、
    指定場所に行き商品を取るだけでピッキングを完了させることができるので
    効率的に作業を行うことができます。

    処理スピードが大幅にアップし生産性が約7倍アップしました!


    ②コスト削減を実現
    物流現場ではとくに、作業人員にかかるコストの割合は高くなっています。
    コストを削減するためのポイントは、いかに人件費を抑えられるかです。

    今ある作業を簡単にして、誰でもできる環境にすれば、
    今よりも少ない人員で現場を運営する事ができます。

    WMSを導入して、
    新人やベテラン関係なく誰が作業してもミスが起きない仕組みを作ることで、
    人件費削減を実現することができます。

    WMSの導入効果とは?

    WMS(クラウドトーマス)の導入効果とは?

    世の中に数あるWMSの中で、
    弊社が開発した「クラウドトーマス」には様々な導入実績があります。

    クラウドトーマスは、冒頭でも申し上げた通り、
    正確性とスピードアップ を実現することが可能です。

    【A社様事例】
    実際にクラウドトーマスを導入頂いた企業様の中には、
    MH130だったのがWMS(クラウドトーマス)を
    導入頂いたことでMH195(150%)の生産性向上を実現し、
    年間2,000万円以上のコストダウンに成功しました。

    【B社様事例】
    また、ある企業様ではWMSを導入する前は
    ベテランの作業で1時間に40行ピッキングすることが限界でしたが、
    導入後はベテランでなくても1時間に60行~80行できる人が増えたんです。

    従来のWMSは「コストが高い」「難しくて使えない」というのが悩みでもありました。
    ですがクラウドトーマスは、誰でも簡単にできる仕組みであり、成果をだせる仕組みです。
    物流会社が作ったシステムだからこそ、「だれでも簡単に」が可能なのです!

    トーマス導入事例一覧はこちら

     

    WMSの機能とは?

    WMSの機能

    クラウドトーマス(WMS)には、
    物流会社として30年以上の蓄積されたノウハウが詰まっています。
    主なメイン機能と、その機能の役割についても少しご紹介します。

    ■入庫管理機能
    物流の流れで一番大切な工程が入庫です。
    入庫を間違うと、後の工程はすべてミスになります。
    入庫が止まると、反日も物流も全てが止まってしまいます。

    入庫を間違えない、止めないためには、
    「正解」がある状態で作業ができる環境を作るべきです。
    トーマスで入庫時には事前登録した入荷予定と、現物・数に対して照合を行い、
    商品の過不足を把握することができます。
    正解があるからこそ、後に正しい在庫管理、正しい出荷作業ができることに繋がります。

    物流業務の中でなぜ入荷~入庫が重要視されるのか

     

    ■出庫管理機能
    トーマスで出荷指示を与えた商品に対いて、
    ハンディーターミナルを使ってピッキングを行います。
    作業者が勝手に物を取ることを許さない仕組みです。

    ピッキングでは、1点1点商品をスキャンし、検証を行います。
    作業が簡単だからこそ商品知識がなくても、新人でも、すぐ戦力となることができます。
    人は思い込みで作業すると失敗していしまいます。
    トーマスを使うことで、思い込み作業の防止ができます。

    出荷作業で重要なこと|物流現場にWMSを導入するメリットとは?

    クラウドトーマスには、入庫管理機能と出庫管理機能以外にも、
    在庫管理、棚卸管理、システム管理と機能が充実しています。

    トーマス機能一覧はこちら

     

    クラウドトーマスと他社の違いとは?

    トーマスとクラウドトーマスの違い

    WMSはどこも同じようなシステムなんじゃないの?とお考えの方も
    いらっしゃるかと思います。
    クラウドトーマスとトーマスは何が違うのか。

    ①クラウドトーマスは物流現場で開発され、物流現場とともに成長するシステムです。
    ②社内250社様以上で使用。自社開発で10年以上の使用実績あります。
    ③物流会社として30年以上の蓄積されたノウハウがあります。

     

    ・物流業務がすべてアナログ対応で、作業者に仕事がはり付いている。
    ・商品の保管方法が分からない。
    ・正しい在庫数が分からず、在庫差異が発生している
    このような課題やお悩みをお持ちの企業様のお力になれるのがクラウドトーマス!

    クラウドトーマスについて、もっと知りたい方ぜひ一度お問合せ下さい!

    まずは無料で資料請求

 

 

コスト削減、物流改善を的確にご提案いたします。

お電話でもお気軽に
お問い合わせください

通話無料tel.0800-555-0500 受付時間:平日9時〜18時
担当:寺西・納(なや)

導入相談
無料資料請求