アパレル業界における在庫管理の特徴とは?

    2020.11.04

    在庫管理
    アパレル業界における在庫管理の特徴とは?

    アパレル業界において、在庫管理はとても重要な業務となっています。
    正しい在庫管理を行うことで、会社の利益向上を見込める反面
    経営状況が悪化するなど損失を招くおそれもあります。

    アパレル業の特徴は、商品のアイテム数が多く、季節や流行によって商品の構成に変動があるであったり、通常時の商品とセール時の商品区別により、在庫の保管期間が異なる点などが特徴としてあげられます。

    今回は、アパレル業界における在庫管理の重要性や特徴についてご紹介していきます。

    アパレル業界とは

    アパレル業界とは
    アパレル業界とは、商品のアイテム数が多いことが特徴で、衣類の製造・流通・販売までを行う業界の事を指します。
    アパレル業界は、小売業・卸売業・メーカー間での垂直統合を行っていることが多く、長い歴史があります。

     

    アパレル業界の在庫管理の特徴とは

    在庫管理
    アパレル業界は商品のライフサイクルが早いことが特徴となっています。
    特に衣料品は期間限定の商品もあるため流行の移り変わりが激しいです。

    また古い取引慣行が根強く残っています。返品制度がその代表で、百貨店などの小売側が
    在庫リスクを持たないようにするための制度になっています。
    衣料品は顧客によって好みの系統が変わり、多様化しています。そのなかでもサイズや色、カテゴリなど幅広く分類されています。
    そうなると莫大な商品数になってしまい在庫管理をすることが難しくなってしまいます。

     

    アパレル業界の在庫管理の課題とは

    課題
    衣料品は定価で販売できる期間が短いです。在庫管理の特徴で説明した通り、アパレル業が取り扱う衣料品は幅広い商品があるので流行りやトレンドが非常に重要視されます。
    衣料品は販売された当初は定価で販売されますが後半になればなるほど商品価値が下がり割引や値下げをしないと売り切ること自体が難しくなります。

    利益を大きくするには短いシーズンのピークに合わせて在庫量を各保し、かつシーズンが終了するまでに在庫を売りきらなければなりません。

    次に立地やSNSによる影響で必要な商品数を予測することは難しいです。アパレル業の場合、店舗の立地場所によって売れる商品が変化していきます。
    気温によっても売れる商品が異なる場合があるのでアパレル業はその部分も視野にいれて商品数を予測しないといけません。

    また、アナログの検品方法により商品数のミスが起きる時が出てくるのでその部分も課題となっています。

     

    在庫管理を最適化していく方法とは

    在庫管理最適化
    在庫管理をする中で、常に自社で扱っている商品についてどこで何が保管されているか把握できないといけません。

    また誰でも同じレベルの在庫管理ができるように作業を標準化することが重要です。
    情報共有ミスで自社に大きな損害を与えないよう、在庫状況を全員で共有することが必要です。
    この問題を解決していくためには全部を見える化し、作業を効率よく進めることが重要になっていきます。

    この問題は在庫管理システムを導入することによって解決することが出来ます。このシステムを使用することによって
    在庫をリアルタイムに確認できるので過剰在庫の処分が早期に可能となり、利益率の向上を期待できます。

    クラウド対応の在庫管理システムの場合、スマートフォンからでも指示ができるので店頭の業務と入出庫業務の効率化が上がります。
    在庫管理システムは、在庫調整をベテランでも新人店長でも同じレベルにできるよう、勘と経験に頼らずに実行できるように支援してくれます。

     

    まとめ

    アパレル業は商品自体が多く、流行の移り変わりが激しいので商品の在庫管理が難しいです。
    また期間も短いので短い期間の中で在庫量をしっかりと確保しないといけません。

    そういった中でもアナログの検品ではなく在庫管理システムを導入することで在庫の状況を皆と共有出来、作業を標準化することが出来るようになり作業効率が比較的に上がります。
    したがって、アパレル・ファッション業界に特有の事情が反映された在庫管理システム選びが重要になります。

 

 

コスト削減、物流改善を的確にご提案いたします。

お電話でもお気軽に
お問い合わせください

通話無料tel.0800-555-0500 受付時間:平日9時〜18時
担当:寺西・納(なや)

導入相談
無料資料請求