まずは資料ダウンロード

アパレル業界における在庫管理の重要性とは?

    2020.11.04

    アパレル 在庫管理
    アパレル業界における在庫管理の重要性とは?

    アパレル業界において、在庫管理はとても重要な業務となっています。
    正しい在庫管理を行うことで、会社の利益向上を見込める反面
    経営状況が悪化するなど損失を招くおそれもあります。

    アパレル業の特徴は、商品のアイテム数が多く、季節や流行によって商品の構成に変動があるであったり、通常時の商品とセール時の商品区別により、在庫の保管期間が異なる点などが特徴としてあげられます。

    今回は、アパレル業界における在庫管理の重要性や特徴についてご紹介していきます。

    アパレル業界の動向

    アパレル業過の動向
    アパレル業界とは、商品のアイテム数が多いことが特徴で、衣類の製造・流通・販売までを行う業界の事を指します。
    アパレル業界は、小売業・卸売業・メーカー間での垂直統合を行っていることが多く、長い歴史があります。

    近年のアパレル業界における消費者ニーズや事業の戦略は
    大きく変化しています。

    例えば、ここ数年でECショップで選択した商品を実際の店舗で試着出来るサービスを
    提供するアパレル企業が増えています。
    これは、ユーザーが希望する店舗へ商品を送ってもらい、
    商品を購入する前に商品を試着してから購入ができるので消費者にとっては安心です。

     

    アパレル業界の在庫管理の特徴とは

    アパレル業界の在庫管理の特徴
    アパレル業界は商品のライフサイクルが早いことが特徴となっています。
    特に衣料品は期間限定の商品もあるため流行の移り変わりが激しいです。

    また古い取引慣行が根強く残っています。返品制度がその代表で、百貨店などの小売側が
    在庫リスクを持たないようにするための制度になっています。
    衣料品は顧客によって好みの系統が変わり、多様化しています。
    そのなかでもサイズや色、カテゴリなど幅広く分類されています。
    そうなると莫大な商品数になってしまい在庫管理をすることが難しくなってしまいます。

     

    アパレル業界が抱える在庫管理の4つの課題

    アパレル業界が抱える在庫管理の4つの課題

    アパレル業界は商品のライフサイクルが早いことが特徴となっています。
    特に衣料品は期間限定の商品もあるため流行の移り変わりが激しいです。

    また、アパレル業界の在庫管理は他業界と比較しても、
    下記のような課題を抱えている企業が多いとされています。

    ①商品の種類が多いことによる検品ミスの増加
    アパレル業界は、商品カテゴリが非常に多く、色やサイズによっても分類されるため、
    アイテム数が膨大になります。

    また、形やサイズが目視でもわかりずらいものを多いことから、
    アナログで検品作業をしている場合、検品ミスが多くなります。

     

    ②商品のライフサイクルの短さ
    アパレル業界は他の業界に比べ、季節の変わり目やトレンドの移り変わりにより、
    短い期間での販売が求められます。
    また、商品の寿命が短い事でアイテム数を増やす要因となり、
    在庫管理を難しくしています。

     

    ③需要予測の難しさ
    店舗での販売を行ている場合、デパートやファッションビルなど
    店舗立地によっては商品の需要が異なります。

    全国展開をしている企業であれば、地域によって気温差があるため、
    購入される商品が異なる可能性もあります。
    このような要因が課題となり、在庫をどの程度確保しておくべきなのか
    わかりずらく、過剰在庫になるといった問題が発生します。

     

    ④適正在庫確保が困難になる
    例えば、多くの企業で適用されている「返品制度」は、
    小売り側の在庫リスクを持たない為の制度です。
    また、店舗側で売れ残った商品はアウトレット店などで商品を値下げして販売することが可能です。

    しかし、これらは店舗側で在庫の余裕がうまれ、
    適正な在庫を保つという意識が低くなってしまいます。

     

    在庫管理を最適化していく方法とは

    在庫管理最適化
    在庫管理をする中で、常に自社で扱っている商品についてどこで何が保管されているか把握できないといけません。

    また誰でも同じレベルの在庫管理ができるように作業を標準化することが重要です。
    情報共有ミスで自社に大きな損害を与えないよう、在庫状況を全員で共有することが必要です。
    この問題を解決していくためには全部を見える化し、作業を効率よく進めることが重要になっていきます。

    この問題は在庫管理システムを導入することによって解決することが出来ます。このシステムを使用することによって
    在庫をリアルタイムに確認できるので過剰在庫の処分が早期に可能となり、利益率の向上を期待できます。

    クラウド対応の在庫管理システムの場合、スマートフォンからでも指示ができるので店頭の業務と入出庫業務の効率化が上がります。
    在庫管理システムは、在庫調整をベテランでも新人店長でも同じレベルにできるよう、勘と経験に頼らずに実行できるように支援してくれます。

     

    アパレル業界が在庫管理システムを導入するメリット

    アパレル業界が在庫管理システムを導入するメリット

    では、アパレ業界で在庫管理システムを導入するとは何なのでしょうか。

    ①人件費の削減
    在庫管理システムを利用する事で、「一定の人しか在庫の場所がわからない」「作業方法がわからない」
    といった問題がなくなります。

    誰でも正しい在庫管理を行う事ができ、
    在庫管理のために特定の人員を確保する必要がなくなり人件費削減に繋がります。

     

    ②作業品質の向上
    在庫管理システムは、人的なミスを防ぐにも最適です。

    在庫管理システムを使うことで、
    専用のハンディーターミナルを使いバーコードの読み取りしながら検品作業を行う事ができます。
    そのことよにより、
    検品時に商品をとり間違えるといった作業ミスを解消することができます。

    クラウドトーマスでは、
    アパレル業界に特化した「クラウドトーマスPro forアパレル」をご提供しております。

    アパレル物流現場で課題をお持ちの企業様は、
    ぜひお気軽にご相談ください。

    >「クラウドトーマスPro forアパレル」についてはこちら

    まとめ

    アパレル業は商品自体が多く、流行の移り変わりが激しいので商品の在庫管理が難しいです。
    また期間も短いので短い期間の中で在庫量をしっかりと確保しないといけません。

    そういった中でもアナログの検品ではなく在庫管理システムを導入することで在庫の状況を皆と共有出来、作業を標準化することが出来るようになり作業効率が比較的に上がります。
    したがって、アパレル・ファッション業界に特有の事情が反映された在庫管理システム選びが重要になります。

    WMSの導入・物流現場での
    お困りごと、
    まずはお気軽に
    お問合せ・ご相談ください!

    物流のプロがお客様のお悩みに
    合わせたプランをご提案します。

    お電話でのお問合せも受け付けております。

    【フリーダイヤル】
    0800-555-0500
    (受付時間:平日9:00~18:00)

    株式会社関通 

 

 


お問い合わせはコチラ