ピッキングとは?|倉庫業で重要なピッキングの課題を解決するには

    2019.11.19

    物流改善
    ピッキングとは?|倉庫業で重要なピッキングの課題を解決するには

    ピッキングは、倉庫作業においてとても重要な作業になります。

    アルバイトの募集でも「梱包」「ピッキング」といった言葉をよく目にします。

    私たちのように、倉庫業をしている人からすれば「ピッキング」といった言葉は当たり前かもしれませんが、
    倉庫業に携わったことがない人からしてみれば、ピッキングという名前だけ聞いても
    いまいち何のことなのか分からないかもしれません。

    本日は、ピッキングとはどういった作業なのか、
    またピッキングについての課題・解決方法などについてご紹介していきます。

    出荷作業で重要なこと|物流現場にWMSを導入するメリットとは?

    ピッキングとは?

    ピッキングとは、出荷に必要な商品を各置き場から集めてくる作業のことを指します。

    ピッキングとは、出荷に必要な商品を各置き場から集めてくる作業のことを指します。
    ピッキング作業は、倉庫業務内で毎日といっていいほど行う作業になります。

    ピッキングの作業前後には、入荷・仕分け・入庫・梱包・検品などの作業が行われており、
    最終的に購入者に商品が届くことになります。
    もちろんピッキング作業も大切ですが、この前後の作業も重要です。

    また、ピッキング商品は衣類品、食品、電化製品など様々なので、
    商品や在庫数に応じてピッキング方法を変えていくパターンもあります。

    数あるパターンの中で、よく耳にするのがシングルピッキングとトータルピッキングです。

     

    ◎シングルピッキング
    シングルピッキングとは、受注(1注文)ごとに商品を各置き場からかき集めてくる方法です。
    こちらは、ピッキング方法の中で基本的な作業方法になります。

     

    ◎トータルピッキング
    トータルピッキングとは、
    複数の注文の商品を1度にまとめて取りに行った上で仮置き場に置き、
    お客様ごとに商品を仕分けていく作業のことを指します。

     

    シングルピッキング、トータルピッキング、
    それぞれのメリットとデメリットについてもご紹介していきます。

    ピッキングのメリット・デメリットとは?

    シングルピッキングのメリットは、
    注文ごとに必要な商品を必要な数だけ取り出すだけのシンプルな作業なので、
    作業手順や内容が単純です。
    また、商品の取り間違いなどといったミスが発生しにくく、
    倉庫管理システムといったシステムを活用する事で、作業精度を高めることができます。

    一方でデメリットは、受注1件ごとに商品を各置き場に取りにいく必要(50件の注文があれば50回商品を取りに行く必要がある)があるので、
    移動距離や時間が長くなってしまい、無駄な歩数が発生してしまいます。

    トータルピッキングのメリットは、
    複数の注文商品をまとめて取りに行くことで、移動時間が削減されます。
    また、必要な商品を必要な数だけ先に取りまとめてから仕分け作業を行うので、
    仕分け完了後に商品の残数がになっていれば正確な作業ができたと判断することができます。

    こちらの手法は、アイテム数が少ない現場に最適です。

    一方でデメリットは、総数量ピッキングと注文別ピッキングと作業が2工程にわかれるので、
    作業工程が増えることになるので作業効率的にはあまりよくありません。

     

    ピッキング作業によくある課題

    ピッキング作業によくある課題

    ピッキング作業でよくある悩みについて考えてみましょう。

    ①商品を探す時間が掛かる
    なぜ、商品を探すのに時間が掛かってしまうのか。
    考えられる原因は、
    ・ピッキング指示書に必要な情報が書かれていない
    ・場所の置き場が定まっていなく、特定の人しか商品の場所を把握していない。
    などです。

     

    ②商品を取り出す際に時間が掛かる
    いざ、商品の置き場にたどり着いても、商品の取り出しに時間が掛かってしまうと作業効率はさがります。
    なぜ、このような状態になってしまうのか。
    考えられる原因は、
    ・箱を開封するなどの、商品を取る以外の作業が発生している
    ・同じ場所に何種類もの商品を保管している
    などです。

     

    ③移動の距離・時間が掛かる
    倉庫が広かったり、注文数が多くなるにつれてピッキング作業時の移動l距離や時間が長くなります。
    移動距離や時間の問題で考えられる原因は、
    ・棚の配置が悪い
    ・通路が狭く作業やピッキングカートが同時に通れない
    などです。

     

    ピッキングの作業効率をあげるには

    ピッキングは工夫をすれば、探す時間・取り出す時間・移動距離といった悩みを解決することができます。

    いろいろな工夫をすれば、探す時間・取り出す時間・移動距離といった悩みを解決することができます。

    作業効率アップのポイント様々です。
    ①商品の置き場所を決める
    ロケーション管理(ものの置き場所)を決めてあげることで、
    特定の人しか置き場が分からないといった悩みがなくなります。

    ②レイアウトをみなおす
    よくでる商品は手前に置いたり、
    棚と棚の間にはスペースを空けて最短距離で移動できるようにするなどの
    レイアウトにしてあげることで移動距離や時間は大幅に変わります。

    ③正しい在庫管理をする
    入庫でミスをする=在庫が狂う=正しい商品のをピッキングできない。
    正しいピッキングを行うには、正しい在庫管理も必要になります。

    在庫管理のやり方は企業によって様々ですが、
    正しく簡単に在庫管理をするために「WMS(在庫管理システム)」を利用する
    企業も増えてきました。

    WMSで物流現場の作業効率化を実現!?

     

    まとめ

    ・ピッキングとは、出荷に必要な商品を各置き場から集めてくる作業のことを指します
    ・ピッキングには、シングルピッキングとトータルピッキングの2種類の方法がある
    ・ものの置き場を決めれば特定の人しか置き場が分からないといった悩みがなくなる
    ・入庫でミスをする=在庫が狂う=正しい商品のをピッキングできない。

    現場にあったやり方で、作業効率アップを目指しましょう。

     

    無料資料請求

 

 

コスト削減、物流改善を的確にご提案いたします。

お電話でもお気軽に
お問い合わせください

通話無料tel.0800-555-0500 受付時間:平日9時〜18時
担当:寺西・納(なや)

導入相談
無料資料請求