まずは資料ダウンロード

導入成果・事例

ご購入者様からのクレーム数は半分程に削減され、教育時間は2ヵ月から1ヵ月に短縮されました

株式会社フーズアイ様

両方(toC & toB)
ご購入者様からのクレーム数は半分程に削減され、教育時間は2ヵ月から1ヵ月に短縮されました
事業内容 食肉の卸し
作業人数 ~10名
課題 出荷担当者でないと分からないことが多かった
導入効果
  • 属人化からの脱却
  • クレーム数の削減
  • 教育時間の削減

K:本日はお時間いただきありがとうございます。
まず、はじめに株式会社フーズアイ様の事業内容や特色について教えてください。


 


F:株式会社フーズアイは、食肉の卸しをメインで行っております。


メイン事業を行う中で、個人のお客様にもお肉をご提供したいということで
ネットショップの方を現在は5店舗運営をしております。
物流現場の広さは、出荷の現場だけで言うと3.6坪になっておりまして、
現場の作業人数は1現場あたり最大5名体制で作業を行っております。


出荷量については、現状は1日あたり100件程です。また繁忙期になると1日1,000件程になります。

出荷担当者が休んだ際は、「どこにどの商品があるか分かりません」という状態でした

K:ありがとうございます。
今回はどのような物流課題があり、クラウドトーマスを導入いただいたか教えてください。


 


F:クラウドトーマス導入前の一番の課題は、出荷担当者でないと分からないことが多かったという点ですね 。
ロケーションなどもしっかり組んでおらず、出荷担当者が「この辺だろう」という感覚で作業を行っている状況でした。


そのため、出荷担当者が休んだ際は、「どこにどの商品があるか分かりません」という状態でした。


 


K:なるほど。主に、属人化で悩まれていたのですね。
属人化以外にも何か課題はございましたでしょうか。


 


F:属人化以外には、在庫管理の部分に課題がございました。
在庫管理については、現状まだクラウドトーマスを使いきれていない部分がありまして、これからより改善していこうと思っています。


棚卸についても、現状は月に1回行っている状況なのですが、クラウドトーマスを今後しっかり利用していきたいと考えております。 

ご購入者様からのクレーム数は半分程に削減されました

K:ありがとうございます。次に、クラウドトーマスの導入前と導入後の
「数字の変化」について教えてください。


 


F:導入前は5人で最大でも1日600件出荷できるかできないかの状態でした。
しかし、導入後、現在は1日1,000件近く出荷できるようになりました。
品質については、今までは商品の入れ間違いというのがとても多く、週に1 度はご購入者様から「違う商品が入っています。」という連絡がありました。
しかし、クラウドトーマスを導入してからは、ご購入者様からのクレーム数は半分程に削減されたのではないかと思います。


 


K:1日の出荷作業人数という点では、何か変化はございましたか? 


 


F:1日の出荷件数にもよりますが、今まで200件を4~5名で行っていたのが、現在では2名体制で行えるようになっています。


また、作業の終了時間にも変化がありました。
以前は、パートさんたちに残業していただくケース がとても多かったのですが、
トーマスを導入してからはパートさんたちが退社する時間の1時間前には出荷作業が終了している状態です。 


教育時間は2ヵ月から1ヵ月に短縮されました

K:ありがとうございます。
クラウドトーマス導入時の、現場の声をぜひ教えてください。


 


F:人によっては、5店舗すべての出荷作業に携わっている方もいるのですが、
「全部の商品を覚えることが難しい」という声が以前は上がっておりました。


しかし、クラウドトーマスを導入し、バーコード管理を行うことによって商品を覚えていなくても正しいものを出荷することができるので、その点については、導入して良かったと感じております。


例えば、出荷作業がパンクしてる状況で新人さんを入れると、教える時間が増えて逆に手間がかかってしまう事態が今までにはありました。


最低でも、教育時間に2ヵ月はかかっていましたが、トーマスを導入することで
1か月に短縮することができました。

「使い方」の面でもご担当の方が細かく教えてくださり、レスポンスも早く助かりました

K:ありがとうございます。 次に今回導入時に、「導入支援サービス」をご利用いただいたかと思うのですが、
効果などはございましたでしょうか。


 


F:はい、導入支援サービスは利用して良かったなと感じております。


今までは、人の記憶だけで作業を行っていたので、バーコードを使っての出荷作業というのは全員知識も経験もなく、とても不安な点が多くありました。


ですが、「使い方」の面でもご担当の方が細かく教えてくださり、レスポンスも早かったので作業中に分からないことが発生しても、すぐに解決策を教えていただくことができたので、とても助かりました。


また、弊社の繁忙期が12月でして、それまでに導入したいという弊社の要望にも関通さんにご協力いただき、導入を決めてから1~2ヵ月程で導入をさせていただいたかと思います。


 


K:ありがとうございます。
ちなみに今回クラウドトーマスを知っていただいたきっかけを教えてください。


 


F:クラウドトーマスを知ったきっかけは、コンサルで知り合いの企業様がおりまして、その企業様の物流倉庫の見学に行かせていただいた際に、クラウドトーマスを利用されていて、社長様からも「クラウドトーマスというWMSを使っていて結構良いんだよ。」とお勧めしていただいたのが知ったきっかけでした。

一番のおすすめポイントは、専属の出荷担当者がいなくても、出荷がスムーズに行えるというところです

K:ありがとうございます。ちなみに様々なWMSがある中で、
クラウドトーマス導入を決めていただいたポイントを教えてください。


 


F: 私たちが倉庫見学に行ったある会社様が、クラウドトーマスを入れておられ、1日で6000件 ほど出されてたんですよね。この6000件という件数は私的には未知数だったので、それが叶えられるのがすごいなと感じたのが一つです。


我々ができてなかったロケーション組もしっかりされていて、見学させていただいた会社様からは「今日初めて入られたパートさんでもすぐに出荷ができるんですよ」という風にお話を伺っていたので、そこの部分が決め手でもありました。


また、バーコードやロケーションを入れるとなると膨大なお金かかってくるイメージがあり、なかなかシステム導入に踏み出せないところがありました。


しかし、実際にクラウドトーマスの説明を聞いてみると、自分たちが思っていた以上に手の出しやすい価格であったという点も導入の決め手となりました。



K:ありがとうございます。最後に是非、読者に向けてクラウドトーマスのポイント を1つお願いいたします。


 


F:やはり一番のおすすめポイントは、専属の出荷担当者がいなくても、出荷がスムーズに行えるというところですね。
我々の一番の最終課題がその部分でした。「今日来た新人さんでもスムーズに出荷が行える環境づくり」というのが私たちの目標でもあったので、クラウドトーマスはそれを実現できるシステムだなと思っています。


K:本日は、貴重なお声をいただきありがとうございました。
今後とも、クラウドトーマスをよろしくお願いいたします。

INTERVIEW MORE

他の事例を見る



お問い合わせはコチラ