まずは資料ダウンロード

導入成果・事例

人依存からの脱却を実現することで、月間出荷件数1万件に対して1件~2件程に出荷ミスが削減されました

株式会社ウォーネクト様

toC
人依存からの脱却を実現することで、月間出荷件数1万件に対して1件~2件程に出荷ミスが削減されました
事業内容 海外向けのネット通販
作業人数 ~10名
課題 人依存、業務の効率化
導入効果
  • 人依存からの脱却
  • ピッキング間違いによるミスの削減
  • 作業スピード向上

K:本日は、お時間頂きましてありがとうございます。
まず初めに、株式会社ウォーネクト様の事業内容と特色について教えてください。


U:株式会社ウォーネクトの事業内容は海外向けのネット通販になります。
一般的には越境 ECと呼ばれるようなビジネスをしております。
他社との一番大きな違いとしては、国内ECだけではなく、国をまたいでのECを行っている点が 大きな特色となります。


 


K:ありがとうございます 。現場の大きさや作業人数などについても教えてください


U:現場の大きさは70坪ほどになります。
倉庫の出荷、入出庫作業はパートさんが6名・社員が2名の計8名体制で行っております。
出荷量については、おおよそにはなりますが、月間で1万件ほどになります。


出荷は1.6倍に増えましたが、以前に比べるとミスは1/10 以下に減りました

K:ずばり!今回クラウドトーマスを導入いただいて物流改善は実現出来ましたでしょうか


U:はい。物流改善は実現できました。大きな問題も現状はないですね。


 


K:ありがとうござい ます。
では、次 にクラウドトーマス を導入する前と導入した後で生産性や品質など、「数字の変化」について教えてください。


U:そうですね、一番目に見えて改善できたポイントとしては、月間の出荷量が6,000件から
1万件に増加したこと、そして物量が増えたにも関わらず出荷が正しくできているところです。
その大きな理由は人依存からの脱却です。
クラウドトーマスを導入する前は、入出庫の作業は人依存になっていました。


しかし、クラウドトーマスを導入することでノウハウを持っていないパートさんや入社したての新人スタッフでも、
出荷業務にあたることができるようになりました。
その結果、1万件と月間の出荷量が多くても対応ができる体制ができたかなと感じています。


また、品質に関しても、ピッキングの間違いが減りました。
以前は、月間出荷件数6,000件に対して、4~5件ほどの出荷ミスが発生していました。


しかし、現状では月間出荷件数 1万件に対して1件~2件程に出荷ミスは削減されました。
出荷は1.6倍に増えましたが、以前に比べるとミスは1/10 以下に減りました。


クラウドトーマスを導入したことで、在庫管理の精度も高くなりました。
以前はシステム管理ではなく、人がエクセルを使いアナログでの在庫管理を行っていました。
そのことにより、もちろん商品の数え間違いもありますし、そもそも商品を数えるところに時間がかかっていました。


しかし、クラウドトーマスを導入したことで、ほとんど在庫数のズレはない状況です。


在庫精度が高くなったことで、棚卸しの回数に関しましても、今は半期に一度であったり、
通期で一度といった頻度になりました。


生産性に関しては、詳しい数字は把握できていないのですが、
1件にかかる作業時間は大幅に減っていると感じております。
1日の出荷件数が、 400 ~500件だとして、入出庫作業込みで 平均で5名で作業できている状態です。
これは、以前の倍ぐらいの作業効率になっているかと思います。
1つの荷物を出荷するにあたり、かかる作業時間というのは半分ぐらいに削減されているのではないかと感じております。


 


K:ありがとうございます 。作業人数に変化はございましたか?


U:作業人数は逆に今増えてきてい ますが、それは弊社の出荷量や、ビジネス自体が大きくなってきているのが理由です。クラウドトーマスを使いきれていないというわけではないですよ。


より細かいレベルで購買 データの分析ができるようになりました

K:「人依存」以外にも、どのような物流課題がございましたか?


U:人依存以外で言いますと、作業の効率化、業務効率化という課題も
クラウドトーマスを導入するきっかけになりました。


作業の効率化というところでは、複数サイトの運営による作業も課題になっていました。
弊社の販売している通販サイトは複数にわかれておりまして、
以前はその通販サイトごとの受注データを個別に加工して、ラベルを作ってという作業を行っており、
時間がかかっていました。


しかし、クラウドトーマスを導入することによって、一度トーマス内に複数サイトのデータを集約して、
その後ラベルを作るといったフローに変更しましたので、
そういう意味でもかなり業務の効率改善というのができたのかなと感じております。


また、弊社のデータ分析をできる体制を作りたかったというのもクラウドトーマスを導入した一つの理由になっています。
以前だとどの注文がいつ発送されたかというのが データで追うことができませんでした。


ですが、トーマスを導入することで、「いつ引き当てを行い、いつ出荷を行うのか」という部分を
追えるようになったので、より細かいレベルで購買データの分析ができるようになりました。


導入中はかなりサポート頂いたので大きなトラブルもなく導入ができました

K:ありがとうございます 。では、色々なWMSがある中でこの クラウドトーマスの
導入を決めていただいた「ポイント」を 教えていただきたいです 。


U:費用対効果が高いという点が一番の理由でした。
他の物流システムもございましたが、御社のシステムと比べるとかなり高額のものが多かったのです。
クラウドトーマスは本当に機能が充実しているけれども比較的リーズナブルなものだったということが、
導入の決め手になります。


後は、担当していただいた堤様のご対応が良かったことです。


 


K:ありがとうございます。では、次に今回クラウドトーマス導入いただくにあたり、
導入支援をご利用頂いたかと思いますが、「導入支援」を受けていただいた効果はいかがでしたでしょうか。


U:導入中はかなりサポート頂いたので大きなトラブルもなく導入ができたかなと感じております。


ただ 、御社に色々とご相談する前に、
我々で試行錯誤を行いながら倉庫のレイアウトや、倉庫の導線などを作っており、
もっと早いタイミングで御社にご相談をしてトーマスを導入することができれば、
よりトーマスの特徴や効果を出すことができたのではないかと考えております。


 



 


K:ありがとうございます。
最後に、ぜひ、読者の皆様にクラウドトーマスのお勧めポイントを1ついただけないでしょうか。


U:先ほどお伝えしたように本当に少ない コストで かなり良い効果が期待できると思っています。
クラウドトーマスは、少しの投資で大きな結果を出せるWMSだと思います 。


K:本日はお時間をいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

INTERVIEW MORE

他の事例を見る



お問い合わせはコチラ