ダブルトランザクションとは?|倉庫にあったロケーション管理で庫内作業を効率化!

    2020.02.04

    物流改善 生産性
    ダブルトランザクションとは?|倉庫にあったロケーション管理で庫内作業を効率化!

    ダブルトランザクションとはピッキングエリアとストックエリアの2つのゾーンに区別して、保管・ピッキング作業を行う手法のことです。

    倉庫のスペースを有効的に利用し、庫内作業を効率化するためには倉庫にあったロケーションを行うことが重要です。
    ダブルトランザクションはそのための手法の1つとなり、取り入れる物流倉庫も増えてきています。
    今回はそんなダブルトランザクションのメリット効果が出やすい倉庫についてご紹介していきます。

    ダブルトランザクションとは?

    ダブルトランザクションとは?
    ダブルトランザクションとは、固定ロケーションとフリーロケーションを融合した手法のことを指します。

    具体的には、物流倉庫内をピッキングエリアとストックエリアに明確に区別し、ピッキング専用スペースである「ピッキングエリア」は固定ロケーション、補充在庫を保管するスペースである「ストックエリア」はフリーロケーションで運用するといった手法になります。

    ピッキング作業を早くするには移動距離を短縮することが大切です。
    そこで、ダブルトランザクションでは作業中の移動距離を短縮する為に少量の在庫を配置した専用エリアを設け、そこからピッキングを行っています。

    ダブルトランザクションのメリットとは?

    ダブルトランザクションのメリットとは?
    ダブルトランザクションのメリットはピッキング動線を短縮し、保管効率と作業効率をアップするというところにあります。

    物流倉庫内における保管効率と作業効率はそれぞれ別々の関係で成り立っていますが、ダブルトランザクションでは、保管効率と作業効率両方の効率を向上するための対策として有効です。

    ダブルトランザクションでは大きな荷姿は在庫をストックエリアに保管します。
    基本的にストックエリアは大きいロットや出荷対応ピッキングエリアの補充しか行わないため、作業頻度を低くし、通路幅を狭く出来るため、その分保管スペースを大きくして作業効率を上げることが出来ます。

    反対にピッキングエリアには保管スペースがいらないため、その分通路幅や作業スペースを確保することが出来き作業しやすくなります。
    また、必要なストックエリアから補充されるため、在庫を探し回る心配も有りません。

    ダブルトランザクションのデメリットとは?

    ダブルトランザクションのデメリットとは?
    ダブルトランザクションでは「補充作業」が重要な鍵となってきます。
    ピッキングエリアにある在庫がなくなる前にストックエリアから移動させて補充するということが常時行える環境であれば問題有りませんが、ピッキングエリアの在庫が欠品になってしまうと、作業の遅れや思わね事故に繋がる可能性があります。

    そこで、このような自体を防ぐために、的確な出荷予測を行い適切なタイミングデ在庫補充を行える高度なシステム支援と運用が必要になります。

    ダブルトランザクションが有効な倉庫とは?

    ダブルトランザクションが有効な倉庫とは?
    ダブルトランザクションは全ての倉庫で活かせるというわけでは有りません。
    先程もご説明したとおり、ダブルトランザクションでは「補充作業」が発生します。
    そのため、補充作業を行っても作業効率化のメリットが出る倉庫でなければなりません。

    ダブルトランザクションで効果の出やすい倉庫は出荷頻度が高い」「在庫が移動しやすい」「1オーダーの出荷頻度が少ないの3つに当てはまる倉庫になります。

    ダブルトランザクションはピッキング効率を高める運用方法ですので、出荷頻度の高い倉庫では効果が出やすくなっています。
    また、補充作業を行うため、在庫を移動させにくい大型機器等を扱う倉庫や1オーダーの出荷量の多い倉庫には向きません。
    これらのことからダブルトランザクションに適した倉庫は、小物雑貨やコスメ、機器の部品などを扱う倉庫になります。

    まとめ

    ポイントは以下になります。
    ・ダブルトランザクションとはピッキングエリアとストックエリアの2つのゾーンに区別して、保管・ピッキング作業を行う手法です
    ピッキング動線を短縮し、保管効率と作業効率をアップするメリットがあります
    補修作業が重要になります
    ・小物雑貨やコスメ、機器の部品などを扱う出荷頻度の高い倉庫で有効です

    今回はダブルトランザクションについてご紹介しました。
    扱う商品によっては取り組むと生産性がアップする方法になります。
    ポイントを抑えて、自社物流にあった方法を取り入れていきましょう。

 

 

コスト削減、物流改善を的確にご提案いたします。

お電話でもお気軽に
お問い合わせください

通話無料tel.0800-555-0500 受付時間:平日9時〜18時
担当:寺西・納(なや)

導入相談
無料資料請求